LOG IN

「レコード買います」―私のモノーラル盤収集記―村上 謙

その1 ニューオリンズ・ジャズのトランペット奏者にバンク・ジョンソン(1879~1949)という人がいる。 アメリカンミュージック(AM)という海外レーベルから彼のCDがまとまって出ていることは知っていた。主なサイドメンはジョージ・ルイス(cl)やジム・ロビンソン(tb)、ローレンス・マレッロ(banjo、なんともニューオリンズらしい楽器ではないか!)など、当地

「歴史の街対決」指揮者・佐渡裕

オーストリアの首都、ウイーンの街のシンボルはシュテファン大聖堂。そこから1ブロックしか離れてないところに、僕が年のうちに5ヶ月を過ごすアパートがある。 この界隈は時間になるとたくさんの鐘の音が響き渡り、4月を迎え夏時間になると、冬の寒々とした空気から一転、気持ちの良い風の中、長い夕闇の時間と心地良い風が、軽やかな白ワインと共に最高に

「舞台、おもしろ話」 佐渡裕

さて今回は舞台で起こったおもしろ話。といっても舞台での失敗談はあまりにもたくさんありすぎて、僕自身も根っからのポジティブシンキングマンなので、細かいことはほとんど覚えてません。とはいえ長年の音楽家人生を過ごしていると、一生忘れることのない記憶に残る出来事もあるわけですね。 もう数年ほど前になりますが、フランスのリオンでフランス国立リ

セレブはよく褒める

木馬の常連の90才代レディは、美しい白髪に白のスーツ、エナメルのパンプスでいつも超オシャレ。そしてマスターのことを「おじさん」と呼ぶ。マスターが大きな音出して荒々しい時「まぁ、おじさん、今日は暴れてるね、ホホホ」とニコニコしてる。そしていつもみんなを褒める。🔸私のヨレヨレのスカートでも「可愛いわねぇ、暖かそうねぇ」、お花の手入れして

「木綿のハンカチーフ」出雲学説考・久家恵一

「木綿のハンカチーフ」出雲学説考 久家恵一 吉例年末ライブ「青春の影〜私はあなたの青春そのもの〜」の木馬へ、観客はざっくり四十歳から七十歳、でもね青春のころのお馬鹿な、かつ真剣な思い出には不思議と共通項があるんですよね。観客の年齢差を感じさせない二時間の濃密ライブでありました。 そのライブ、今年のハイライト(和田誠さんが手がけたパッケ